45tryt複数の後輩選手に対するハラスメント行為の疑いが発覚した楽天・安楽智大投手(27)。
27日発行の本紙既報通り、同僚らは近年の暴走の引き金として安楽の1軍定着とコロナ明けの会食解禁を挙げるが、もう1点見逃せないのがチームの看板選手である田中将大投手(35)の存在だ。
メジャーから2021年に復帰し、昨季からよく行動をともにするようになったことで、「後ろ盾を得た安楽は相当強気になっていた」「後輩をイジる安楽を田中さんが乗せてしまった」と選手たちは証言する。


・〝マー君の威を借る〟楽天・安楽智大のパワハラ疑惑


ある選手は当時の状況を次のように説明する。「逆立ちさせてズボンとパンツを脱がせた場面には、多くの選手やスタッフが居合わせていた。周囲だけでなく脱がされた本人も笑っていたが、球団に訴えたということは、空気を壊したくなくて無理矢理笑っていたということかもしれない」

別の選手は「ウチのベテランはそういう場面で我関せずの態度を取りがちだが、田中(将大)さんは乗ってしまうタイプ。チーム一の実力者が乗れば、安楽も『あ、こういう立ち居振る舞いでOKなんだ』と勘違いするし、暴走する一因になったと思う」と指摘。

8年ぶりに復帰した楽天には見知った選手が減り、心細さもあった田中将の懐にうまく入り込んだ安楽は親密になるにつれ、「田中さんの後ろ盾があることで相当強気になっていた」という。

練習中に後輩に高圧的に絡んでから「そうですよね、将大さん?」と巻き込み、一緒になってイジるのが定番に。「去年あたりから安楽と田中さんを〝セット〟で敬遠する後輩が激増した」。〝マー君の威〟を借るパワハラモンスターは、チーム内で誰も止められない存在になっていった。

球団は今回の後輩選手たちの告発を重く受け止め、安楽や周辺への聞き取り調査などを開始。25日には所属選手やスタッフら約100人に対し、「いじめのような場面を見たことはあるか」「自身は受けたことがあるか」といった質問に記述形式で答えてもらうアンケートを送付した。
26日いっぱいで締め切られた回答に、田中将に関する記述があったかは定かでないが、自身にまつわる報道に普段なら頻繁にSNSで反応するマー君が、安楽の件ではいまだ沈黙を続けていることは何を意味するのか。








・楽天に激震・・ 安楽智大に凄まじいパワハラ疑惑、複数選手が告発













・田中将大、ついに恐れていた事態に